HOME > わきがの対策方法

わきがの対策方法

気になるわきがだからこそ、ストレスから解放されるために対策しましょう。
当ページで、わきがの対策方法を3つご紹介します。

対策法1 クリニックでの治療

対策法

やはりもっとも効果的だと言えるのが、皮膚科や美容外科などで行うわきがの治療です。
特ににおいの気になる時期だけにおいを軽減することができるボトックス注射や、半永久的に効果が持続すると言われているミラドライや手術など様々なものがあります。 しかし、その高い効果とは裏腹に掛かる費用も割高なのがデメリットとして挙げられ、唯一保険が適応する剪除法でもクリニックによって異なりますが大体2万円~4万円くらいの費用が掛かってしまいます。
とは言え、悩みが深刻であれば治療が最も的確だと言えます。治療の際はクリニック選びをしっかりと行いましょう。

対策法2 ワキを清潔に保つ

わきがの原因はワキ汗だと思っている方が多いかと思いますが、実は汗そのものが原因というよりは、ワキにいる細菌と汗が結びつくことがわきがの原因とされています。
そのため、汗をこまめに拭くことはにおいの軽減に効果的だと言われていますが、この時タオルやティッシュではなく、ウェットティッシュやボディシートなどで拭くことをおすすめします。
除菌が有効的ではあるのですが、アルコールは殺菌作用が強すぎるため肌を傷めてしまう恐れがあることから、アルコールを含んでいないものが推奨されています。
ワキを清潔にした後であればデオドラントなども効果的です。

対策法3 発汗を抑える

ワキの汗や細菌がわきがの原因なら、発汗を抑えればいいと考えてみたことはありませんか?
実際に考えてみると汗を止めることは意図的に出来ることではないと思うかもしれませんが、半側発汗という人体の特性を利用すれば実現は可能です。例えば左のワキの下を圧迫すると反対側である右の上半身の発汗が抑制されます。逆も然りです。
舞妓さんや芸子さんの場合、この性質をうまく利用して両乳首の上あたりを腰ひもでグッと圧迫することで汗を止めているそうです。
ただし圧迫し続けると身体への負担が掛かるため、あまり有効な策とは言えないのだとか。

  • HOME
  • 梅田でわきが治療をお考えの方へ
  • 心斎橋・難波でわきが治療をお考えの方へ
  • わきがの治療方法
  • 治療方法の選び方
  • 治療のメリット
  • わきがの主な原因
  • わきがの対策方法
  • わきがに関する基礎知識
  • わきが治療の体験談
  • わきがについてよくある質問